外観チェックの方法

自動車は高価な商品です。
たとえ中古車であっても、購入金額が大きい事にかわりはありません。
洋服やバッグ程度のショッピングなら、何となく一目ぼれして購入することもあるでしょう。
その結果、粗悪品を買ってしまったとしても、後悔はしますが取り返しの付かないほど損をすることは、まずありません。
しかし、自動車は違います。
高価な中古車なら、かなり高額なローンを組んで購入することもあるでしょう。
「失敗してしまった」では済まないのです。
そこで、どのように中古車を選べば良いのかということが悩みの種になるわけですが、ここでは選び方の一つのポイントとして、外観の見方を紹介しておきたいと思います。
まず、少し遠巻きにして中古車の外観を眺めてみましょう。
このとき、小さな傷などは、あまり気にしなくても大丈夫です。
ちょっとした傷は、走行には問題がありません。
問題は、ボディに歪みがある場合です。
そのため、少し遠くから眺めるのです。
そうすると、ボンネットやトランクに不自然な隙間があったり、バンパーが歪んでいたりといった不具合がわかります。
こういったボディの歪みは、場合によっては走行やブレーキに大きく影響することがありますので、必ずチェックしておきましょう。
また、フレームにサビがある中古車も要注意です。
フレームのサビは整備できない部分ですので、もしもサビが認められれば、その中古車は避けた方が無難です。
ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、自動車の下部が見えるように、しっかり屈んでチェックしておきましょう。

Copyright (C)2017中古車探し!厳しさ必須のチェックポイント.All rights reserved.